プロフィールプロフィール
  プロフ検索

eyhrtyiのプロフ


名前eyhrtyi
生年月日1985年08月15日
年齢35歳
性別
血液型A型
居住地東京都
職業自営業




 
今日の一言 2014年10月21日17:07
『離婚6年後のSOS』
男性がこの元妻と結婚したのは60代のころ。2回目の結婚だったが、結婚生活はわずか3年で終わった。離婚成立の翌年に男性は別の女性と結婚し、またすぐに離婚。さらに2年後、元妻より10歳以上若い相手と4度目の結婚をした。案の定というべきか。その結婚生活もすぐに冷え切り、1年足らずで夫婦双方が家裁に調停を申し立てて別居を始めた。

 「具合が悪いから来てくれ」。別れてからも男性と連絡を取り合っていた元妻に、いつもと様子の違う電話がかかってきたのはそんな時だった。看護師資格を持つ元妻が駆けつけると、男性は体調が悪そうな様子で横になっていた。泊まりがけで面倒を見るため、元妻は6年ぶりに男性宅で同居を始めた。

 まもなく、男性は右脳血栓症で入院。退院後も障害が残り、さらに脳梗塞で再入院した。元妻は入院時の身元引受人になり、家族としての立場で病院の診療方針にも同意した。同居再開から12年を経て男性が亡くなるまで、付きっ切りで介護を続けた。

 一方、別居中の妻は、男性に電話して体調を尋ねたり、男性の家族に会って近況を聞いたりはしていたが、男性と直接会って言葉を交わすことはなかった。入院中も一度見舞いに訪れたが、付き添っている元妻に遠慮して病室には入らなかった。
<リンク:http://www.okduvetica.com>デュベティカ 店舗</リンク>

<リンク:http://www.okduvetica.com>デュベティカ公式</リンク>

<リンク:http://www.okduvetica.com>デュベティカ サイズ</リンク>

<リンク:http://www.okduvetica.com>duvetica ジャケット</リンク>

<リンク:http://www.okduvetica.com>duvetica ダウン</リンク>
 ところが、男性が加入していた職員共済組合は規定を形式的に当てはめ、元妻に対して「遺族年金の支給対象はあなたではなく妻」と告知する。男性の生活を支え続けた元妻は支給を求めて裁判所に訴え出た。
前|次