プロフィールプロフィール
  プロフ検索

Mcハイジのプロフ


名前Mcハイジ
生年月日秘密
年齢秘密
性別
血液型A型
居住地東京都
職業芸能






 
今日の一言 2019年10月23日13:05
『Mcハイジ プロフィー...』
Mcハイジ(本名 新谷順子 Junko Shinya、1976年7月17日- )は、日本のソーシャルワーカー(英語:Social Worker)である。元・吉本興業所属のフィメールMc(女性ラッパー)東京都出身。

現在、二次救急、救急指定病院、医療療養型病棟でケアワーカーをしている。

== 生い立ち ==

父親は会社経営、母親は専業主婦、1人娘として育つ。
小学生が対象のジュニア専門少人数制ゴルフスクールに通い、練習場レッスン、ラウンドレッスン、ジュニアのゴルフ大会に参加する。父親と休日に行く、ゴルフにはプロゴルフ協会・LPGAのティーチングプロ認定資格者が同行してラウンドする。
幼少期から両親の影響で芸術家を目指す。
16歳の時に、中野坂上にアトリエとして、両親にマンションを購入して貰う。

== 経歴 ==

埼玉県立大宮中央高等学校と技能連携、浜西ファッションアカデミー専門学校、高等課程に入学する。県立高校(普通科)(大宮中央高等学校・単位制による通信制の課程)

*2010年、5歳年下の一般男性と婚約する。
*2011年、病気療養中の婚約者と死別する。
*2012年、介護・福祉の専門学校に通いケアワーカーの資格を取得する。

*医療・介護・福祉の資格、ケアワーカー、サービス提供責任者、実務者研修(介護福祉士)、認定特定行為業務従事者、喀痰吸引等研修、半固形栄養剤研修、生活援助従事者研修、視覚障害者ガイドヘルパー(同行援護従業者)全身性障害者ガイドヘルパー(移動支援従事者)難病患者等ホームヘルパー、高齢者コミュニケーター、救命技能認定証、グリーフケア・アドバイザーの資格を取得している。

*2013年、社会福祉法人、特別養護老人ホームに入職する。
*2018年、医療法人、二次救急、救急指定病院に入職する。

* 介護スキル、 要介護5までの、軽介助、全介助、終末期、身体/生活ケアが可能である。 ADLとQOLと認知度、患者とのコミュニケーションの取り方、ゴールなき切磋琢磨である。 患者の状態変化に伴う適応力の学習、ラウンドの重要性、気配り、発見、洞察が事故を未然に防止する。 3k(きつい、危険、汚い)を超越した事実と向き合う姿勢から生まれる信頼関係、汚いと不潔の切り分け、取り巻く環境を意識する。 仕事の理解、フロア業務を把握して実践を通して習得する、指示、指摘を通して方向修正に努める。 チームワークで成立するフロア業務と責任、自分の置かれた立場を理解して、役割を認識して、患者に対しての尊厳を守り、思いやりを持った対応、オペレーションの状態を把握し、今しなければならない事を優先して行う。 親身になった対応が何よりも患者を勇気づける。 ケアワーカーを取り巻く環境には、看護師、同僚ケアワーカー、患者、患者のご家族があり、ケアワーカーの仕事には、そこへの信頼がないと成立しない。

== 人物 ==

中学1年生の時に、ファミリーミュージカル「演劇集団らぶばーど」のオーディションに合格する。 芝居の基礎を学び、東京芸術劇場「しあわせ色の青い空」で女優デビューする。 中学を卒業を機に退団。「演劇集団らぶばーど」は、聾唖(聴覚障害者)の人達の言葉である「手話」を基本とした、セリフ・歌・ダンスの全てに手話が取り入れられている。 日本では初めてのボディランゲージ・ミュージカル、コミュニケーション・ミュージカルである。 「しあわせ色の青い空」は、耳の不自由な方々(聴覚障害者)だけでなく、すべての人が同じ感動を共有できるファミリーミュージカルとして好評を得ている作品です。

16歳でHIP HOPに出会いラッパーになる。ラッパーネームは「アルプスの少女ハイジ」の大ファンでMcハイジ。HIP HOPの数々のラップコンテストで優勝をする。
1990年代中期に活動を始めた日本のフィメールMc(女性ラッパー)の草分け的存在である。日本のオールドスクールのラッパーたちと親交が深い。McハイジからMc Reikaに改名している。

パリス・ジャクソンを溺愛してる。
前|次