クレジットカード現金化比較&換金率ガイド
credit-card-851502_1920

現金化の還元率は大体どのくらい?

現金化できる金額は、カード決済した金額から業者の手数料を差し引いた金額です。
その割合を、還元率や換金率、キャッシュバック率と呼びます。

還元率は、現金化業者によって独自に設定されています。
申込み金額や現金化業者で、80%から95%と非常に幅があります。
もし85%の還元率で10万円オンライン決済をしたら、85000円入金されることになります。
また、商品の配送料を別途請求されることもあります。

高還元率のほうが利用者にとってはお得なのですが、現金化業者も経営をしなくてはいけません。
ですから、ある程度の手数料は仕方ありません。
ですが、100%に近い還元率を謳って利用者を獲得しようとする業者もありますね。

悪徳業者は高還元率で誘っておいて、実際には50%も下回るほど低い還元率で取引を成立させようと強引に持ちかけます。
うますぎる話には、何か訳があると考えて警戒した方が良いでしょう。
無条件で95%以上の高還元率を謳っているところには、注意して下さい。

クレジットカードのポイントシステムについて

クレジットカードには、ポイントシステムがあります。
上手にポイントシステムを活用すれば、カードでショッピングをする度にポイントが貯まって、お得に活用できます。
貯まったポイントは、景品や商品券、マイルに交換できます。

しかし、このポイントシステムは、キャッシング枠は対象外とするクレジットカード会社も多いのです。
どうしても現金が欲しいときにキャッシング機能を使えばポイントは貯まりませんが、現金化はショッピング枠を利用するので、ポイントが貯まります。

カードの利用額が多いと、次の年は還元率が良くなるシステムや、バースデーポイントなどのボーナスポイントが付くこともあります。
これらのシステムをうまく活用して現金化を利用すれば、ますますカードのポイントが貯まるようになりますよ。
複数のクレジットカードを持っている人は、分散して利用するのではなく、一つのカードを集中して使うようにしてポイントを貯めると良いでしょう。