クレジットカード現金化比較&換金率ガイド
■撮影用のセットを使用したイメージ写真です。■被写体の人物はストックフォトモデルです。撮影許諾を得ています。■キャッシュカードは本物ではありません。イメージです。

クレジットカード現金化を利用したときの支払い・返済方法

キャッシングを利用したら必ず返済をしなくてはいけませんが、その支払い方法は銀行振込やATM返済など様々です。
クレジットカード現金化を利用したときにはどのように支払っていけばいいのでしょうか。
返済方法や利息などについても見てみましょう。

返済はクレジットカード会社へ
クレジットカード現金化を利用しても、現金化業者に返済するものは一切ありません。
現金化する時には既に業者へ支払う必要のある手数料は差し引かれています。
しかしショッピング利用をするので、クレジットカード会社へ後から返済する必要があります。

現金化の前には必ずクレジットカードでショッピングをしますが、その利用した分の返済をカード会社にしなくてはいけないのです。
金利は支払い回数や契約内容によっても異なります。

金利ゼロになることがある

クレジットカードを使えば必ず利息が発生すると思われがちですが、実はまったく利息が発生しない方法があります。
それはショッピング利用のときに、支払い回数を2回までにすることです。

クレジットカードのショッピング機能は、分割の回数が2回までだと金利はゼロです。
利用した分の返済だけで済みます。
現金化の場合は現金化業者に支払う手数料だけで済むので、金利ゼロはとても助かる方法です。

ただし一括や2回払いということは、その分1回分の返済金額が大きくなるということです。
まとまった金額の利用であれば、一括払いするのは難しいでしょう。
いくら金利ゼロだからといって、むやみやたらに一括払いするのは禁物です。

分割払いの金利

分割払いの場合、3回以上は金利手数料がかかります。
しかしその金利は一律ではありません。
分割回数が少なければ金利は低く、回数が増えれば金利は高くなります。
つまり、自分が支払える金額に合わせて、なるべく分割回数を少なめに設定するのがお得です。

リボ(リボルビング)払い

リボ払いは毎月支払う金額が一定の支払い方です。
既にショッピングリボの利用が10万ある状態で追加5万利用したとしても、次の支払い月に返済金額が変わることはありません。
分割払いは何度もショッピングを利用すればするほど月々の返済額が増えていきますが、リボ払いはどんなに利用しても指定した金額なので財布への負担が少ないです。

ただし使っても返済額が増えないということは、借金の額も減らないということになります。
リボ払いばかり利用していると一見支払いは楽そうに思えますが、緩やかに債務が増えていき支払いも苦しくなってきます。
多重債務に陥るきっかけになるので、なるべくリボ払いは使わない方が賢明です。

締め日と請求日を確認

クレジットカードは、契約事に締め日と請求日が定められています。
例えば締め日が月末で請求日が翌月15日であれば、10月1日から10月31日までにカード利用した分は11月15日に支払わなくてはいけません。
現金化するときにも、しっかりと締め日と請求日のタイミングをチェックして利用しましょう。

消費者金融のキャッシングだと請求日はいくつか選べることもあるのですが、クレジットカードは月1回の固定日であることが多いです。
請求日が土日祝祭日にあたれば、翌営業日に後ろ倒しになります。

自動振替契約が多い

クレジットカード会社への返済は、自動振替で行うことが多いです。
契約するときに予め口座振替の手続きをしたはずなので、指定した口座から利用料金が引き落とされます。
引き落とされる前日までに、利用分を入金しておきましょう。

また、お金に余裕があるときには随時返済するのがお勧めです。
随時返済は銀行振込やATM返済など、カード会社によっても異なります。
特に現金化利用するとショッピング枠の余裕が無くなるので、少しでも早く返済できるように積極的に随時返済したいものですね。

後から返済回数を変えることができる?

ボーナスを当てにして10万円現金化で利用した分も一括払いしたのに、思いがけず支払いができなくなってしまうこともあります。
できれば一括払いがいいのですが、どうしても支払いが苦しいなら後から支払回数を変更する方法があります。
一括から分割、あるいはリボ払いに変更しましょう。

支払回数の変更はカード会社への電話連絡よりも、会員サイトを利用した方が便利です。
カード会社にはそれぞれ会員専用のサイトがあり、支払い回数の変更や現在の利用状況、請求額などをチェックできるようになっています。
ただし支払い回数を後から変更できるかどうかも、クレジットカードの契約内容によります。

現金化利用時の返済方法まとめ

クレジットカード会社への返済方法はリボでは無く、一括かもしくはできるだけ少ない分割払いにするのがベストです。
どうしても今のままの支払額が厳しければ、後からリボや分割に変更できる可能性もあります。

ただし自分のクレジットカードの契約がどうなっているのか、しっかりと確認が必要です。
できれば多額の現金化利用の前に、後からリボ払いへ変更できるのかを確かめていた方がいいでしょう。