クレジットカード現金化比較&換金率ガイド

*

カード現金化業者を選ぶときの比較ポイント

カード現金化業者は非常に多く存在します。
あまりにも多すぎて、初めて利用するときにはどこで比較したらいいのか分らなくなりますね。
そこで現金化業者を比較する時のポイントをまとめてみました。

還元率で比較

カード現金化サービスを利用するなら、少しでもお得に利用したいものですね。
そこで大事なのが還元率です。
還元率とは、実際にカードで支払った金額に対し、どれくらいのお金が現金化されるのかという割合です。
還元率が大きければそれだけ多く現金化されます。

例えば90%の還元率の場合だと、10万円でカード決済すれば9万円が現金になるということになります。
残りの10%は現金化業者の手数料になります。

ここで注意したいのは、あまりにも高過ぎる還元率の業者には注意した方がいいという点です。
還元率が高ければ高いほど利用者にとって利益はあります。

しかし、だからと言って100%に近い還元率では、現金化業者の運営が成り立ちません。
あまりにも高い還元率の業者は、悪徳業者が嘘をついている可能性があります。
現実的な還元率はどんなに高くても、95%前後でしょう。

手数料が掛からないかチェック

90%の還元率であれば、残りの10%が現金化業者の手数料となります。
しかし、業者によっては他に手数料が発生することがあります。

主に以下の手数料が別途請求されることがあります。
・配送料
・振込手数料

これらの手数料はまだ常識の範囲内なのですが、中には訳の分からない手数料を請求してくることもあります。
見せかけの高還元率だけに囚われず、かならず他手数料も含めて比較しましょう。

現金化の方法で比較

現金化の方法にはキャッシュバック式と買取式の2通りがあります。
買取式は法的に問題はないものの、カード利用規約に反する恐れがあります。
逆にキャッシュバック式はカード利用規約には違反しませんが、法的にグレーな部分もあります。

即日対応可能かをチェック

急いでお金が必要な人に助かるのがカード現金化サービスです。
しかし、業者によっては現金化できるタイミングが異なります。
少しでも早く現金化をしたい人は、即日現金化に対応している業者を選ぶようにしましょう。

また、近くにカード現金化の店舗があれば、ネット申込ではなく店頭窓口申込を利用するのもいいでしょう。
店頭申込であれば、その場ですべて手続きが終了します。

プランやキャンペーンをチェック

還元率や振込のスピードは、プランやキャンペーンでも異なります。
女性のみ、ビギナーのみ、紹介キャンペーンなど、様々な条件が適用されることでお得になることもあります。

少しでもお得に利用したいなら単純に通常の還元率で比較するのではなく、キャンペーンも含めて比較してみるのもいいでしょう。

運営実績で選ぶ

カード現金化サービス自体、100%安心できるサービスではありません。
お金に困っている人が利用することも多いことから、悪徳業者が騙そうとしていることも多いです。

そんな中安心して利用できる業者を選ぶには、やはり運営実績が大事です。
詐欺を働くような業者であれば、同じ名前で何年も運営していることはありません。

長く運営している実績がある業者であれば、それだけリピーターがいるという証拠にもなります。
対応の悪い業者、詐欺業者にリピーターは発生しないので、運営実績があるかどうかで簡単にその業者の信頼度をチェックすることができます。

商品で比較

カード現金化はショッピング機能を使い商品やサービスを購入するところから始まります。
その商品は、現金化業者が指定したものでなければいけません。

昔からよくあるのはブランド品ですが、90%以上の還元率がなかなか望めないのが難点です。
オンライン申込であれば商品の配送・返送に掛かる期間もあるため、即日現金化も厳しくなります。

最近ではアマゾンのギフトカードのようなものを購入させ、買い取って現金化する業者も増えてきました。
アマゾンのギフトカードはコードと呼ばれる番号さえあればいいので、実物を配送する必要がありません。
その為買取式でもスピード現金化が可能になります。

口コミをチェック

カード現金化業者の運営実績だけではなく、どのような対応をしてくれるのかを判断するなら、実際に利用した人の感想を聞いてみるといいでしょう。
とはいえ、なかなか身近に現金化サービスを利用した人はいません。
そんな時に役に立つのが、口コミです。

カード現金化サービスを利用する人はたくさんいるので、口コミサイトもいくつか見つかります。
口コミサイトや掲示板などで、カード現金化業者に対する評判をチェックしてみるといいでしょう。

現金化業者の比較ポイントまとめ

カード現金化業者を選ぶ時の比較ポイントをまとめると、以下のようになります。
1.プラン内容
2.スピード
3.安全性

最終的にどれだけの還元率で振り込んでくれるのか、どれだけ早く現金化できるのかはとても気になるポイントです。
そして何よりも大切なのは安全性です。
その安全性を初心者が判断するのに手っ取り早いのは、やはり経験者の口コミになります。
これらのポイントを押さえた上で、カード現金化業者の比較を行うといいでしょう。


現金化業者の比較ランキング

最高換金率 98.8%
即日振込み 最短最短10分
対応時間 夜間/土日/祝日
設立年 2000年10月
評価 4.6
特徴: 最高還元率98.8%の高換金率で利用できる数少ないショップの一つ。即日振込や、夜間対応などのサービス面も充実。換金率5%UPキャンペーンも実施中
利便性: 申し込み時の必要事項が最小限に抑えられていているなど利便性が考慮された作りがいい。決済方法も一括払い(金利¥0)以外、リボ(定額返済)や分割にも対応。
評判: 対応がやや事務的との口コミもある中、リピーターが着実に増加、はじめての人でも迷わないようしっかりしたフォローがあり人気は高い。
詳細をみる 申し込み
最高換金率 98.8%
即日振込み 最短最短10分
対応時間 24時間/土日/祝日
設立年 -
評価 4.3
特徴:
利便性: 24時間振込対応が可能
評判:
詳細をみる 申し込み
最高換金率 96%
即日振込み 最短最短5分
対応時間 24時間/土日/祝日
設立年 -
評価 4.1
特徴:
利便性: 24時間振込対応が可能
評判:
詳細をみる 申し込み
最高換金率 95%
即日振込み 最短最短5分
対応時間 24時間/土日/祝日
設立年 -
評価 3.7
特徴:
利便性: 24時間振込対応が可能
評判:
詳細をみる 申し込み
最高換金率 92%
即日振込み 最短最短5分
対応時間 24時間/土日/祝日
設立年 -
評価 3.5
特徴:
利便性: 24時間振込対応が可能
評判:
詳細をみる 申し込み
最高換金率 即日振込み 対応時間 設立年 評価
98.8% 最短10分 夜間/土日/祝日 2000年10月 4.6
特徴: 最高還元率98.8%の高換金率で利用できる数少ないショップの一つ。即日振込や、夜間対応などのサービス面も充実。換金率5%UPキャンペーンも実施中
利便性: 申し込み時の必要事項が最小限に抑えられていているなど利便性が考慮された作りがいい。決済方法も一括払い(金利¥0)以外、リボ(定額返済)や分割にも対応。
評判: 対応がやや事務的との口コミもある中、リピーターが着実に増加、はじめての人でも迷わないようしっかりしたフォローがあり人気は高い。
詳細をみる 申し込み
最高換金率 即日振込み 対応時間 設立年 評価
98.8% 最短10分 24時間/土日/祝日 - 4.3
特徴:
利便性: 24時間振込対応が可能
評判:
詳細をみる 申し込み
最高換金率 即日振込み 対応時間 設立年 評価
96% 最短5分 24時間/土日/祝日 - 4.1
特徴:
利便性: 24時間振込対応が可能
評判:
詳細をみる 申し込み
最高換金率 即日振込み 対応時間 設立年 評価
95% 最短5分 24時間/土日/祝日 - 3.7
特徴:
利便性: 24時間振込対応が可能
評判:
詳細をみる 申し込み
最高換金率 即日振込み 対応時間 設立年 評価
92% 最短5分 24時間/土日/祝日 - 3.5
特徴:
利便性: 24時間振込対応が可能
評判:
詳細をみる 申し込み

2種類のカード現金化を比較!買取式とキャッシュバック式はどっちがいい?

カード現金化サービスには、買取式とキャッシュバック式の2つの方法があります。
サービスを利用するとき、いったいどちらの現金化方法を選んだらいいのでしょうか。
2種類のカード現金化方法について、あらゆる項目で比較してみました。

申込から振込まで!現金化スピードで比較

急いでお金が欲しいというときには、手続きにかかるスピードが重要なポイントになってきます。
窓口申込だとスピードの違いはほぼありません。
しかしネット申込だと、手続きに掛かるスピードに違いが出てきます。

買取式は購入した商品を買い取ってもらうため、ネット申込だと現金化業者に返送する必要があります。
商品の返送を確認した後に振込される場合は、買取式の現金化スピードは圧倒的に遅いです。

キャッシュバック式の場合ですが、商品を返送する必要がありません。
決済の確認が取れるとすぐ振り込んでくれるので、キャッシュバック式の方が早いと言われています。

ところが最近では買取式でも決済の確認が取れ次第振り込んでくれる現金化業者も増えてきました。
商品の返送は、入金後でいいのです。
つまり買取式かキャッシュバック式かではなく、その業者が即日対応できるのかということが重要なようです。

安全性で比較

クレジットカードの利用規約では、支払いの終わっていない商品の転売は禁止しています。
つまり買取式の現金化は、クレジットカードの利用規約に違反するということになります。
実際にクレジットカード会社では現金化に対し厳しく取り締まりをし、規約違反があれば利用停止にするなどペナルティを課しています。

その点キャッシュバックは転売ではないので、カード利用規約に違反しません。
しかしキャッシュバック式の現金化では業者が法的に問われる恐れがあります。
価値の低い商品を高額で販売しキャッシュバックという方法で現金化をするのですが、これはカラ決済のようなものと判断されてしまうかもしれません。

実際にキャッシュバック式が問題視され摘発された業者もあるのですが、利用者までに影響が及ぶことはありませんでした。
しかし今後どうなるのか分かりませんので、やはり昔ながらの買取式の方が無難なのかもしれません。

還元率(換金率)で比較

還元率とは、実際にクレジットカード決済をした金額に対しどれくらいの割合で現金化できるのかというパーセンテージのことです。
キャッシュバックか買取かの違いだけでは、還元率にも大きな差はないでしょう。

良心的なところであれば85%以上、プランによっては95%にもなります。
85%以下の還元率だと、わざわざ業者を利用するメリットはないでしょう。

気を付けて欲しいのは、別途請求される手数料がないかどうかという点です。
95%という高還元率の現金化業者でも、それ以外に高額な商品送料、振込手数料を請求されてしまうと意味がありません。

特に買取式では商品の返送が必要になってくるので、送料の負担はどちらが行うのかをしっかりと確認する必要があるでしょう。
キャッシュバック式であれば商品の返送は必要ありませんが、業者から送られてくるときの送料がかかることもあります。

分かりやすいのはどっち?

手続きが簡単なのは、圧倒的にキャッシュバック式でしょう。
なぜならクレジット決済をした後は、お金の振込と商品が送られてくるのを待つだけだからです。
でも買取式の場合、いったん送られてきた商品を送り返すという非常に面倒な手順を踏まないといけません。

店頭窓口であれば買取式でもそのような面倒なことは必要ありません。
しかしどこに住んでいる人でも利用できるのが、ネット申込の良いところです
住んでいる地域によっては店頭窓口で現金化に申込むことができない人もいます。
ネット申込であれば、キャッシュバック式の方が手順が少なくて済みます。

ただし、キャッシュバック式で送られてきた商品の取り扱いに困るという意見も聞かれます。
10万、20万といったまとまった金額を現金化する場合ですが、キャッシュバック式で送られてくる商品は金額に対しあまり価値のないものばかりです。

商品の返送もしないので、必要のないものを持ち続けることになります。
でも要らないものでも手続きの流れ上、商品の受取はしなくてはなりません。

返送する必要がなければ、一度受け取った商品の処分は自由です。
クレジットカードの返済が終わるまで保管するのか、それともさっさと処分してしまうのか、よく考えて決めるといいでしょう。

買取式とキャッシュバック式比較のまとめ

手軽さを考えたらキャッシュバック式がいいのかもしれませんが、数が減ってきていることと法的にグレーなこともあり、悩みどころです。

利用者にとっては取引スピードが早い方がいいですが、ネット申込の買取式業者でも即日現金化対応が増えています。
買取式の業者で即日現金化、高還元率、そして多くの人が利用した実績のある安心できるところがあれば、言うことないでしょう。