クレジットカード現金化比較&換金率ガイド
SONY DSC

商品券でカード現金化をする方法・実現は可能?

自分でやる現金化は、どんなものを購入するかが重要なポイントです。
中古でも高く買い取ってももらえる商品といえば、やはり商品券です。
商品券を利用してカード現金化をすればお得に現金を得ることができそうですが、果たして実現は可能なのでしょうか。

換金性の高い商品のクレジットカード購入

換金性の高い商品のクレジットカード購入は、問題点があります。
換金性の高い商品とは、お金に換えやすい商品ということです。

ブランド品やゲーム機も中古市場では人気があるため、買い取り先がすぐに見つかりお金にしやすいです。
その為、換金性の高い商品とされています。

しかし換金性の高い商品だからといって、まったくクレジットカード購入ができない訳ではありません。
同じものを数台購入すれば転売が疑われてしまいますが、単体で購入する場合は何ら問題はないでしょう。

ところが商品券の場合、クレジットカード購入すらできないことがあります。
なぜなら商品券はほぼお金のように使える性質を持っているため、中古市場でもほとんど値が下がらないからです。
もしクレジットカードで簡単に購入ができてしまったら、多くの人がショッピング枠の現金化に利用してしまうでしょう。

デパート商品券

デパート商品券には、全国百貨店共通商品券とそれぞれのデパート独自の商品券があります。
人気なのはやはり全国百貨店共通商品券です。
お釣りも出ますし有効期限もなく、チケットショップでは95%以上という高い買取率で買い取ってくれます。

百貨店協会に加盟しているデパートならどこでも使え、購入も可能です。
使い勝手がいいため、高値で取引されるのです。
しかし購入はすべて現金のみで、クレジットカードは使えません。

使える場所が限られているデパートの商品券は買取率も下がりますが、それでも普段その店を利用する人にとってはとても便利なものです。
やはりクレジットカードで購入するのは難しいのです。

三井住友カードVJAギフトカード

三井住友VISAカードは、三井住友銀行が発行しているクレジットカードです。
実はその三井住友カードが発行しているVJAギフトカードという商品券があります。
VJAギフトカードは、三井住友VISAカードが使えるところならほぼどこでも使えるので、非常に便利な商品券です。

そのVJAギフトカードは、三井住友VISAカードでならクレジットカード決済が可能です。
公式サイトよりオンラインショッピングの手続きをすれば、1回につき30万円まで購入ができます。
VJAギフトカードはチケットショップにて、96%以上で買い取ってもらえます。

JCBギフトカード

JCBもクレジットカードのブランドとして有名です。
そのJCBでもギフトカードを発行しており、JCBカードであればカード決済が可能です。

まずJCBギフトカードのホームページにアクセスし、商品購入手続きをしましょう。
購入可能な金額は、個別に設定されているようです。
また、利用できるカードの番号が決まっており、必ずしもJCBカードだからギフトカードが購入できるという訳にはいかないようです。

JTBギフトカード

JTBギフトカードとは、旅行代理店のJTBが発行しているギフトカードです。
JTBギフトカードもクレジットカード購入が可能です。
利用できるのはVISA、MASTER、JCB、NICOSとなっています。
支払い方法は一括払いのみで、ネット購入した場合は送料500円がかかります。

チケットショップでの買取率は96%以上で、額面によっては98%以上になることもあります。
利用できるカードブランドも複数あることから、カード現金化する時の商品券としては狙い目でしょう。

アマゾンギフト券

アマゾンは大型ショッピングサイトで、そのショッピングサイトの決済で利用できるギフトカードがあります。
アマゾンギフト券はデパート商品券やクレジットカード会社のギフト券のように実物がなくても、コード番号さえ分かればギフトカードを決済に利用できます。

コンビニなどでもアマゾンギフト券を販売していますが、クレジットカードや電子マネーで支払いができません。
しかしオンラインショッピングならクレジットカード購入ができます。
それに実物を郵送する必要もなく、ギフト券のコードをメールで受け取ればいいのです。
送料もかからず早く受け取れるので、最近では現金化業者でもアマゾンギフトカードを利用するところが増えています。

商品券で現金化するときの注意

アマゾンギフトカードを除き、デパート商品券やクレジットカードギフト券はネット購入すると送料がかかります。
送料は約380円です。
その分のお金も考えて現金化しなくてはいけません。

例えば5万円分の商品券を購入したら、5万円と380円を支払わなくてはいけません。
96%の買取率で売却すれば48000円が手元に戻ってくるので、差額が2000円になります。
つまりこの場合は2380円を損失したことになります。

また、クレジットカードで購入できる商品券も、1回払いにのみ設定されていることが多いです。
1回払いは金利が掛からないのでいいですが、高額利用すると支払いが大変です。
次回請求日にちゃんと支払えるかを考えてから利用しましょう。

商品券で現金化のまとめ

商品券でカード現金化することは可能ですが、メリットもデメリットもあります。
メリットはなんといっても買取率がいいことです。
業者を通さず、高還元率でカード現金化をすることが可能です。

しかしクレジットカード購入できる商品券は限られており、カードの種類や購入金額にも制限があります。
あるいはアマゾンのように利用できる場所が限られているものもあります。

もしギフトカードが買えるクレジットカードを持っているなら、現金調達で困っているときには奥の手として十分に使える方法です。
しかし何度も利用するのはやはりカード会社から疑われてしまう原因になるので、控えた方がいいでしょう。