クレジットカード現金化比較&換金率ガイド
pixta_12608349_M

カード現金化サービスが利用できないクレジットカードとは

クレジットカードには様々なブランド、種類があります。
その中でカード現金化ができないクレジットカードはあるのでしょうか。
現金化するときに気を付けた方がいいクレジットカードについても見てみましょう。

基本的に現金化できないカードはありません

クレジットカードであれば、基本的に現金化できないカードはありません。
自分名義、そしてショッピング枠に余裕があれば大丈夫です。

家族カードであっても、ショッピングの利用が自由にできるなら特に現金化ができないということはありません。
ただし、家族カードは親カードの持ち主の元に請求が行くので、現金化利用がばれてしまう可能性があります。

デビットカードとは?

デビットカードとは、預金口座と紐づけられたカードのことです。
デビットカードを決済の時に利用すれば、紐づけられた預金口座からお金が引き落とされて支払われます。
VISAなどの国際ブランドがついているためクレジットカードと勘違いされてしまいますが、前払い式のカードです。

デビットカードで使えるのは預金口座の中に入っているお金の範囲内です。
現金が必要なら、口座から引き出せばいいだけなのです。
クレジットカードの現金化とは意味合いが異なります。

カード現金化が難しいクレジットカード

ショッピングさえ使えるクレジットカードなら、現金化できないカードはないと述べました。
しかし現金化サービスを利用するのが難しいクレジットカードもあります。
これから現金化利用を考えている人は、自分のクレジットカードの種類をチェックしてみましょう。

アメックス

アメックスとはアメリカンエキスプレスの略で、世界的には有名なクレジットカードの国際ブランドです。
発行するのが難しく富裕層向けのイメージがありますが、意外と中級クラスの人でも発行しやすいカードです。

実はアメックスは、国際ブランドの中でも現金化が難しいとされている種類のひとつです。
カード会社自体が現金化に厳しく、少しでも怪しい動きがあれば利用停止されてしまうこともあります。
その為カード現金化業者でも、アメックスに対応していないところがあります。

逆にアメックスに対応している現金化業者であれば、かなり現金化に慣れているということが考えられます。
現金化業者を選ぶときの基準になってくるかもしれません。

JCBカード

JCBとは日本のクレジットカード会社で、日本唯一の国際ブランドのひとつです。
JCBもアメックスと同様に現金化するのが難しいブランドとされています。
現金化にとても厳しく、ギフトカードや鉄道回数券購入も個別に購入できる額面が設定されています。
つまり、信用のない人はクレジットカードでギフトカードや鉄道回数券を購入することができないのです。

銀行系

銀行が発行するクレジットカードも現金化には厳しく目を光らせていると言われています。
銀行が発行する主なクレジットカードには、以下のようなものがあります。
・三井住友VISAカード
・三菱UFJニコス
・りそなカード

これらの銀行発行のクレジットカードも、怪しい使い方をすれば利用停止されてしまう恐れがあります。
ただし対応できている現金化業者は多いので、自分で現金化するよりは業者を通した方が無難かもしれません。

現金化がばれたらどうなる?

現金化を利用するときに気を付けて欲しいのは、カードの利用規約です。
実はカード規約では現金化を禁じています。
もし現金化利用がばれてしまったらカードの利用規約に違反したこととなり、利用停止どころではなく強制退会・残債一括を求められてしまうかもしれません。

では、どんなときに現金化が疑われてしまうのでしょうか。
・換金性の高い商品をいくつも同時に購入
・同じものをいくつも購入すると不自然なものを大量に購入
・換金性の高い商品を連続して購入

例えば同じゲーム機を何台も購入する行為も現金化が疑われてしまう行為のひとつです。
あるいはこれまで高額な買い物をしなかったのに、ブランド品、ゲーム機、商品券など換金性の高いものをいくつも同時に購入すると疑われてしまう恐れがあります。
カード会社には自動的に現金化の動きをピックアップするシステムがあり、そのシステムが作動すると一時的にカードの利用が停止されてしまいます。

もちろん疑わしいだけで、実際は現金化ではないこともあります。
その場合はカード会社に連絡をして理由を説明し、疑いが晴れれば利用再開ができます。

商品の転売はばれる?

クレジットカード購入した商品は、購入してすぐ売ってしまえば転売となり、現金化が疑われてしまいます。
もちろん現金化はカードの規約違反です。

しかし、はっきり言ってしまえば、商品の転売はカード会社に分かることではありません。
たくさんのカード会員がいるのに、1人1人が購入した商品の行方を全て調べることなんてできないからです。

高価なゲーム機を購入し即転売して現金化した後、カード会社から連絡があっても正直に転売したという人はいるでしょうか。
手元にある、他人に貸してあると言い訳をしても、わざわざカード会社が調べにくることはないのでばれることはないでしょう。

でも毎月のように同じプレイステーション4を購入する行為は、明らかに不自然です。
1度目は疑われなくても、2度目、3度目と続いたら現金化が疑われて言い訳も通用しなくなるかもしれません。

利用できないクレジットカードのまとめ

商品によっては利用できるクレジットカードの種類に制限があったり、カードブランドによっては現金化に厳しいものがあったりします。
複数カードを持っているなら、少しでもリスクの少ないカードを選んで現金化利用するのもひとつの方法です。

また、使い方でも現金化がばれやすくなるので、同じカードを連続して使うのは避けた方が無難です。
どうしても連続して現金化したい場合も、カードの種類を変えて利用した方がいいでしょう。