クレジットカード現金化比較&換金率ガイド
pixta_21400645_M

カード現金化には利用金額に制限はある?

あと10万円あれば今月助かるのに…
そんなときにカード現金化で現金が用意できれば便利です。
でもカード現金化サービスに利用金額の制限はあるのでしょうか?
カード現金化の利用金額の制限について考えてみましょう。

カード現金化は無制限じゃない

当然ですが、カード現金化は無制限に利用できる訳ではありません。
クレジットカードのショッピング枠を利用するので、それぞれのカードの利用状況によって現金化できる金額が決まっています。
いくらあと10万円の現金が必要でも、ショッピング枠に余裕がなくては意味がありません。

10万円必要ならどれだけの余裕が必要?

10万円の現金を用意しなくてはいけないというときにちょうどショッピング枠の余裕が10万円あるとします。
でもカード現金化は100%で還元できるわけではないので、例え10万円の枠があったとしても受け取れる現金は少なくなってしまいます。

95%の還元率であれば9万5千円になります。
もし10万円の現金が必要なら、約10万6千円のショッピング枠の空きが必要になります。

少ない金額でも現金化できる?

後から支払いが苦しくなるのを避けるために、カード現金化では最低限の金額のみ利用するのが大切です。
しかし、カード現金化業者を利用する際には、注意が必要です。

カード現金化業者の場合、利用金額の下限を設定しています。
ほとんどの現金化業者は1万円以上ですが、中には3万円以上のこともあります。
つまりショッピング枠の空きが利用最低額に満たない場合は、現金化業者にサービス利用を申込むことができません。

その場合は自分で換金性の高い品物を購入して転売するなどして、現金化するしかないでしょう。
自分でやる現金化は慣れない場合だと大幅に還元率が低くなる恐れもあるので、あまりお勧めはできません。

何度もカード現金化は利用できる?

カード現金化に利用回数の制限はありません。
ショッピング枠の利用可能枠いっぱいに現金化したとしても、支払いをしてまた枠に余裕がでればカード現金化も使えます。

ただし手数料のことを考えると、何度も続けて現金化を利用するのは望ましくありません。
1回辺りの手数料は大したことは無くても、積み重ねると段々負担になります。
困った時の切り札として、カード現金化を利用しましょう。

クレジットカードの利用可能額の調べ方

カード現金化を利用するのであれば、予めクレジットカードの利用可能額を調べておく必要があります。
ショッピング枠の利用可能額照会は電話問い合わせができる場合もありますが、今はネットサービス利用が便利です。

クレジットカードにはそれぞれ会員専用のネットサービスがあります。
予め会員サイトに登録を済ませておきましょう。
会員サイトにログインすれば利用可能額や次回の支払額もチェックできますし、一括払いから分割払いに変更するなど、色々と利用できるサービスがあります。

利用可能額をアップしたい

今のショッピング枠では全然足りない、後もう少し余裕があればカード現金化も利用できるということもあるでしょう。
そんな時には、ショッピング利用額をアップさせる方法もあります。

クレジットカードを最初に契約したときには、その人の支払い能力に応じた利用可能額が設定されます。
しかし信用を積み重ねていけば、その後申請することで利用可能額をアップさせることもできます。
利用可能額アップの申込は電話か、もしくは会員サイトへログインして行いましょう。

ただし、利用可能額アップに申込むと、再度審査されます。
これまでの利用状況によっては、利用可能額アップができないかもしれません。
長くクレジットカードを利用している人で一度も利用可能額アップに申込んだことがない人ならやってみる価値はありますが、何度も限度額アップの申込をしている人はできない可能性が高いでしょう。

一時的な利用可能額アップの方法

実はクレジットカードには、一時的に利用可能額をアップできる方法があります。
これは一時増額というシステムです。
一時増額サービスを使えばカード現金化も一時的に利用額を増やすことができるかもしれません。

一時増額の申込条件は?

一時増額ができるのは、やはりクレジットカードの利用状況がいい人です。
旅行時、引越し、冠婚葬祭時等、一時的に出費が増えることがあります。
そんな時に一時増枠に申込み、ショッピング利用に役立てることができるのです。
通常の利用可能額アップより大幅なアップが期待できるものの、やはり信用がある人じゃないと断られる可能性があります。

一時増額時の利用条件

クレジットカード会社によっても異なりますが、一時増額を利用するときの条件がいくつか設けられています。
まず、支払い方法は必ず一括であることです。
一時増枠をして利用した分は、次の請求月には一度に返済しなくてはなりません。

そして一時増額時はキャッシング利用が制限されることもあります。
増額は1万円単位で行ってくれますが、いつも限度額いっぱいに利用している人は1万円ですらも断られてしまうかもしれません。

とても便利な方法ですが、やはり一括払いは厳しいです。
ボーナス月の前など、まとまって収入が見込めるときに利用してみるのはいいかもしれませんね。

利用金額によって異なる還元率

カード現金化業者では、還元率を利用金額に応じて設定しています。
利用金額が少なければ還元率が低くなり、多ければ高くなります。
本当はそんなに必要ないのに現金化業者へ支払う手数料が勿体ないからといって、必要以上の金額を利用する人もいます。

でも手元にポンと現金が入ってくると、どうしても無駄遣いしてしまいがちです。
必要ないお金は次回のクレジットカードの支払いのために手を付けないように置いておくべきなのに、浪費してしまったという人もいるでしょう。
ですから例え還元率が高くても、必要以上の金額は利用しない方がいいのです。

カード現金化利用可能額のまとめ

カード現金化サービスでは利用可能な金額の下限があり、業者によって設定が異なります。
そして上限はそれぞれのクレジットカードの状況によって異なります。

どうしても足りない場合には利用可能額アップの申請をする方法がありますが、確実な方法ではありません。
複数のクレジットカードを持っているのであれば、組み合わせて同時に業者へ申込みをし、少しでも多く現金化する方法もあります。

もちろん忘れていけないのは、同時利用すれば次の請求も同時にやってくるということです。
どれだけ現金化できるのかということだけを考えるのではなく、どれくらいの金額までなら返済可能なのかをしっかりと考えましょう。