クレジットカード現金化比較&換金率ガイド
pixta_20745021_M

カード現金化で利用できないクレジットカードはある?

カード現金化は自分名義のクレジットカードさえあれば利用できると言われています。
でも現金化業者を利用するにあたって、使えないクレジットカードはあるのでしょうか。
現金化サービスが利用できないクレジットカードについて見てみましょう。

他人名義のカードや使用期限が切れたカード

クレジットカードは名義人以外の人が利用してはいけません。
家族の名義でも自分名義じゃなければ使用してはいけないことになっています。
不正利用を防ぐために、現金化業者では本人確認書類をチェックしています。

また、当り前のことですが、使用期限の切れたカードで利用しようと思っても、カード決済が通らないので無理です。
クレジットカードの表面には、必ず使用期限の記載があります。

通常なら使用期限が切れる前に新しいカードが届くのですが、あまりにも支払い状況が悪ければ更新されることなく新しいカードも届かないです。
念のため、今持っているクレジットカードの使用期限をしっかりとチェックしておきましょう。

家族カードとは

家族の名義でも、自分名義以外のクレジットカードを使用してはいけません。
ただし、家族の場合は家族カードを発行することができます。
これは1枚のクレジットカードを親カードにして、複数枚の子カードを発行して家族でも利用できるようにしたものです。

例えばご主人がクレジットカードを持っているのであれば、家族カードを発行して専業主婦の奥さん、大学生の子供に持たせることができます。
家族カードであれば会員本人じゃなくてもショッピング利用ができるので、カード現金化も利用できます。

ただし家族カードで利用した分は、親カードを所有している会員の元へ請求されます。
利用明細を見られる為、カード現金化利用が疑われてしまう恐れが高いです。
家族に内緒で現金化したいという人は、家族カードを利用しない方がいいでしょう。

法人カードとは

法人カードとは、法人向けに発行したクレジットカードです。
会社の代表者だけではなく、子カードを所有している社員でも利用ができます。

ただし法人カードを使って現金化業者を利用する場合は、会社の代表者じゃないといけません。
ショッピング機能を使うだけなら社員でも法人カード利用できます。
でも法人カードは経費などに使用するためのクレジットカードなので、不審な利用履歴があれば会社の経理担当に追及されてしまいます。

カード現金化でもトラブルを避けるため、法人カードの現金化利用は代表者のみの受付になっていることが多いです。
法人カードは個人カードよりも利用可能枠が大きめですが、誰でも使えるものではありません。

使えないカードブランドはある?

クレジットカードの国際ブランドには、VISA、マスター、JCB、ダイナース、アメックスがあります。
日本国内でも多くの加盟店があり、簡単に利用ができます。

カード現金化でもすべてのクレジットカードを使えると言いたいところですが、残念ながら業者によっては対応していないことがよくあります。

多くのカードブランドに対応している業者は多いですが、JCBやアメックスは対応不可とする業者もいます。
なぜならこの2つのカードブランドは、とてもカード現金化にとても厳しいからです。
少しでもカード現金化が疑わしい動きがあれば、即利用停止になる恐れもあります。

海外発行のカードは使えない?

クレジットカードの国際ブランドでは、VISAのシェア率が非常に大きいです。
非常に多くの店舗やサービスで利用できるので、VISAが使えないというカード現金化業者はまずないでしょう。

ところが、VISAという国際ブランドがついているのに、カード現金化ができないことがあります。
それは海外で発行されているクレジットカードかもしれません。

海外でもVISAやマスターのクレジットカードは多く発行されていますが、ネットショップや決済サービスでは海外発行に対応していないことが多いのです。
どの国際ブランドかということ以外にも、国内か国外のどちらで発行されたのかが重要になります。

曲者カードは慣れている業者を利用しよう

JCBやアメックスの場合、カード現金化に対して厳しい目を光らせています。
いつもと違う利用の仕方、不自然な高額利用があると現金化か不正使用なのではという確認が入ってしまいます。

少しでも自然な利用に見せるようにするには、一度に高額利用はしない方がいいと言われています。
まとまった額を現金化したい場合は、数回に分けた方がいいでしょう。

現金化業者を利用するときには、これらの現金化のコツに対してしっかりと把握しているところが安心です。
持っているカードがJCBやアメックスしかないというなら、それらのカード現金化に慣れている業者を選びましょう。

また、他のブランドのカードを持っているなら、わざわざ曲者カードを利用しない方がいいかもしれません。
複数枚組み合わせて利用するなどして、少しでも自然な使い方ができるとより安心ですね。